トップヘ
修 繕
←鼻母屋が、アンテナを張る針金を止める金物から水がまわり腐っていた。

鼻母屋に板をまわし破風板に水切りをつけて補修した。→

←軒天が、湿気によってボロボロになっていた。

古い板をはがし、新しく板を付けたところ→

←鉄骨が、雨水によって浸食されている。本来ならば、取り替えるべきだが予算の関係上延命させることに・・・

そのまま塗料を塗っただけでは、駄目なので塗り終わってからコンクリートで補強したところ上に屋根が付いたので雨の心配は無くなった。→


修繕も塗装につきものです。その内容ご予算にもよりますが、大概のことは創意と工夫によって低予算で延命させることが可能です。ただ、防水に関係する場所は慎重に対処しないと後で大変なことになりますのでお客様のとのお話し合いを密に対処していきます。

トップヘ