トップヘ
作業工程
足場組立 現場の基本となります作業床です。後には残りませんが安全第一の礎となる作業です。もちろん養生シートを足場に回します。
洗 浄 埃や大気中の汚染物質が付いていると塗料の付着性能がおちますので、丁寧に高圧で水洗いします。
補 修 家も経年劣化しますので、修繕や補強の箇所または取り替えが生じます。そこをキッチリ補修してから塗装に移ります。
シーリング 外壁の防水処理の部分ですので、丁寧に処理していきます。
養 生 塗装しない部分をビニール等で、保護します。
外壁塗装 下塗りをして上塗りを2回が基本です。
ケレン 木部や、金物など素地調整をします。ペーパーヤスリや、サンダーなどで素地を平滑にまた、密着性を高めます。
木部塗装 雨により、腐らないように保護していきます。
金物塗装 錆止めを塗ってから上塗りをかけていきます。
屋根塗装 紫外線、酸性雨など非常に条件の厳しい場所です。塗膜性能を十分に引き出す施工が問われる場所です。
点 検 塗り残し、汚れ、防水性能等、最後に点検します。
足場解体 これで、やっと完了です。足場を外した後みるのが楽しみです。

実際の行程は、天候や、乾き具合、その現場の環境によって変わってきます。

これは、作業工程の目安ですね。


トップヘ