トップヘ
コーキング
←ちょっと分かりづらいですが、コーキングとサイディング壁の間に隙間ができています。
←古いコーキングを撤去して仕上がりがきれいに行くようにテープで回りを養生して、プライマーを塗ったところ。
←コーキングを打ったところ
←右側のコーキングがとれ後ろにあるバックアップ材が出ている。下のほうも雨水による浸食でサイディングの表面が荒れている。
養生しプライマーを塗布したところ
←コーキングで成形し、雨水が残らないよに下笠置の部分を斜めにコーキングをぬった。

シーリングというのは、サイディング、ALCなどパネルを並べて張るときにその間を防水するために必要なのと、地震とか道路近くで家が揺れた時にコーキングで力を逃がし壁が破損するのを防ぐ役割があります。ここが、切れていたり剥がれていたりすると雨水が浸入し、内部や壁が劣化していきます。施工上重要なポイントですね。

 コーキング材で問題になるのは、可塑剤(ネバネバの成分)です。コーキングの可塑剤が塗料の表面にまでにじみ出て大気中の汚れを付けるのでその部分が黒っぽくなります。見た目が汚くなるのですぐわかります。これは、可塑剤の入ってないコーキング材(完全ではありません。)または、可塑剤をださないようにするプライマーがありますのでそれで対処します。


トップヘ