トップヘ
はじめに・・・
 こんにちは、私共は松戸市で昭和55年に「有限会社 岩越塗装工業」として会社を設立しました。以来24年塗装業をしております。

 一般建築の新築、リフォーム、旭化成(ヘーベルハウス)の新築、リフォーム、松戸市の指名参加入札等を中心に仕事を行っております。

 「親切、丁寧、気配り」をモットーにかつ、いかに塗膜の性能を引き出すかを考えております。

 

これが、うちの会社です。
 例えば、良い性能の車があったとします。この車の性能を最大限に活かすのはドライバーです。そのドライバーのマナー、運転技術、能力、体調等によって車が変わってきてしまいます。無理な運転による性能劣化、故障、事故などせっかくの車がドライバーによってダメになってしまいます。

 それと、塗装も同じです。周り近所に気を配り、下地処理を的確に、塗料の選定、希釈量や乾燥時間を守って塗膜の性能を十分にだす。それが、職人の仕事です。下地処理をちゃんとしなければ、剥離の原因になりますし、塗料の選定、希釈量、乾燥時間を守らなければ塗膜の性能は出ません。いくらカタログや、営業が「10年持ちますとか、15年持ちます。」とか「セラミックなので、耐候性はバッチリです。」などといってもそれを施工する側の意識が十分でないと、その性能を引き出すことができないのです。

 塗装は、先物取引とも似ています。契約する時点で製品として完成していないものを購入するのです。しかもやっかいなのは、完成直後施工の優劣がはっきりつけば良いのですが、(すぐ分かるものも中にはあります。)大概はちゃんとした施工をしたものと区別がつきません。ところが2〜3年ぐらいたった頃から性能差がでてきます。お客様もここ数年の価格破壊という言葉に乗せられて、やすい買い物に飛びつきがちですが、工場製品と違い画一なものの流通経路を削減したり、アジアで安くものを作って売ったりするものとは明らかに違います。現場でひとつひとつ天候を見ながら、仕上がり具合をみながら完成させていくものなのです。

 業者選びは確かに難しいです。オープンプライスですから標準の価格というものがありません。多分3者ぐらいから見積もりをとっても比較することは難しいのではないでしょうか?取り敢えず評判とかの評価対象がなければ、説明を納得がいくまで聞くことだと思います。少し面倒でしょうが、契約までに時間を掛けてじっくりと業者と話し合ってください。一生のうちそう何度もはしない高価な買い物なので妥協しないで話を煮詰めることが大事です。

 私共は、塗装におけるプロとしてわかりずらい塗装のことを理解して頂きたく、何か発信できないかなと考えこのホームページを立ち上げました。何かわからないことがございましたら、メールで対応できますのでお気軽にご相談ください。お客様の大事で高価なお家を少しでも永く安全に住めるようにと日々考え施工をしております。完成したときのお客様の素敵な笑顔を励みに、またお宅の塗装したところは何年たってもきれいねと言っていただけるような完成度の高さをめざし、どんどん新しくなる塗料と格闘しながら日々研鑽と努力を重ねながら過ごしております。これからもよろしくお願いいたします。

                                                                                         
←ホームページ制作者兼、代表取締役兼、職人の米川です。     宜しくお願い致します。<(_ _)>
トップヘ