トップヘ
木部塗装
破風と呼ばれている部分です。古い塗膜が劣化して木の部分が出ています。これから雨の浸食を受けて腐ったり、裂けたりしていきます。
受け樋がある方が、鼻隠しと呼ばれる部分です。白いのは下塗り材ですね。破風側は上塗り一回目です。
上塗り2回塗って完了したところです。

木部は、破風、鼻隠し、窓枠、格子、霧除け、雨戸、等に使われています。最近の家は、金属や石膏ボードのような素材も多いですが、木材を利用してある家もまだたくさんあります。

木部は腐らなければ永く持ちますので、10年に一度塗る間隔でメンテナンスを考えて頂くと永く安心できるお家になると思います。


トップヘ