トップへ
住まいのアドバイス  石綿スレート瓦(コロニアル)編
石綿スレート瓦は、日本瓦に比べて軽く家に負担が架からないのが特徴です。しかし、風で飛ばされないようにするため、釘でアスファルトルーフィングから野地板まで止めます。つまりアスファルトルーフィング(防水層)も穴を開けるということです。(屋根裏から見ると剣山のように釘がでています。)
新築から5年程は塗膜がもちますが、それから紫外線と酸性雨の影響で劣化し始めます。塗膜がなくなりコケが生え始めると要注意です。この瓦は、塗膜が無くなると水を吸いやすくなります。そして風化が始まります。特に冬場は水分が中で凍結し膨張により爆裂を起こし瓦自体が割れてきます。(このため、北海道ではこの瓦は使われていないそうです。)

瓦が割れると雨が進入し、釘から雨が伝わり少しずつ内部を侵していきます。直接天井に雨が落ち天井がシミになってわかるのは、まだ良い方かもしれません。断熱材などが屋根裏にある場合は、雨がしみていることが分からないため、シロアリの被害に遭う場合もあります。

石綿スレート瓦屋根は、なるべく劣化を防ぐため早い時期にメンテナンスすることをおすすめします。よく塗ると雨漏りがすると言われるのは、最後に縁切りと呼ばれる作業をしないからです。せっかく長く住むお住まいがボロボロになる前に早めの対処で、コストも少なく心配のいらない。安心できる家が一番です。

トップヘ